洗顔に気を付けてニキビ跡を消す

洗顔に気を付けてニキビ跡を消す

洗顔した後に、しっかりと洗い流さないとニキビ跡が消えなくなってしまいます。

 

顔の中でも鼻や頬、生え際付近は形状が凸凹していたり洗いにくかったりするので、洗顔料も残りがちになってきます。

 

お肌に洗顔料が残ったままになっていると、刺激がずっと持続してしまう為、ニキビ跡を残すこととなるのです。

 

鼻や頬、生え際にたくさんのニキビ跡が残っているという方は、しっかりと水で洗い流すようにしましょう。

 

急いでいるときには、水での洗い流しが疎かになってしまいますが、洗顔の中でも洗い流しによってニキビ跡を消していくことができます。

 

肌を触った時にヌルヌルしている場合には、泡がついていなくても時間をかけて洗い流してみるとよいです。

 

また、洗顔した後には、一度鏡を見てチェックすることで洗い流しがあるか確認していくことができます。

 

自分の手で触ったとしても、洗い流しを見逃してしまう心配がありますが、鏡を見れば、泡がついている状態も一目瞭然になってくるのです。

 

この確認を行うことにより、肌に刺激を与えてしまう洗顔料からお肌を守ることができ、ニキビ跡を薄くしていくことができるのです。

 

洗顔を十分に行ってもニキビ跡が消えないときには、この方法を試すとよいです。

赤みのあるニキビ跡対策

 

私はニキビができたらすぐに潰してしまいます。

 

潰したらよくないのはわかっているけれど、ニキビができたら潰さずにはいられません。

 

絶対に潰さないように我慢しても、結局ニキビを潰してしまいニキビ跡ができてしまいます。

 

そして潰さなければよかったと後悔しています。

 

そんなわけで私は赤みのあるニキビ跡がたくさんあります。

 

ニキビよりもニキビ跡の方が痛々しくて目立っているのですごく嫌です。

 

このニキビ跡をどうにかしたいと思い、最近ニキビ跡対策を始めました。

 

まずは初歩的なことから始めようと思い、生活習慣の改善から始めました。

 

肌のゴールデンタイムと言われている10時には寝るように心がけています。

 

また食生活も見直し、今では好きなものばかり食べていたけれど、なるべく栄養を考えバランスよく食べるようにしています。

 

生活習慣を見直すだけで少しずつニキビはできにくくなってきた気がします。

 

まだニキビ跡がきれいになったわけではありませんが、少しずつ赤みが消えてきれいにニキビ跡が消えてくれることを願いながら正しい生活習慣で過ごしていこうと思っています。

 

また、最近化粧水も変えて肌に優しくて低刺激のニキビ跡にもよいという化粧水に変えました。

 

これでより早くニキビ跡がきれいになってほしいです。